野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「耆萩(めどはぎ)」の茎は占いの筮(ぜい)」に使われていました
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う



━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 花の木に あらめざらめども さきにけり


      ふりにしこの  なる時も哉(万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
短い夏も過ぎようとして
道端の草木は、もう秋の花色になりつつあります。


道端に茂る小さな葉のなかに咲く小さな萩に似た花。
私も花の名前知りませんでした。


自宅に戻り調べてみると
「耆萩(めどはぎ)」、萩の仲間です。

葉の中に咲くメドハギ


蝙蝠の様に、鳥の加勢をしてみたり
獣の加勢をして、顰蹙をかった話がありますが
この「耆萩(めどはぎ)」も、木の分類で掲載されていたり
花としての分類になっていたりしています。


萩の花、ハギ属の種類は世界で60種類以上ありますが
この「耆萩(めどはぎ)」の花のつき方は
花序を作らず一つづつ花が咲く、萩らしくない花です。


中国の陰陽五行説を元に
奈良時代に、「陰陽寮」が官庁に設置されました。
長官は陰陽頭。
陰陽道に基づく呪術を行う陰陽師。
陰陽師を養成する陰陽博士、
占星術を行使・教授する天文博士。
暦の編纂・暦作成を教授する暦博士が
官吏としてそれぞれ配属されていました。
その下で学生・得業生が学んでいたのです。


平安時代には、陰陽師安倍晴明が活躍しています。
安倍晴明は天文博士に任命されています。
そして、明治時代まで続いていました。


陰陽の占いに使うのは、「筮(ぜい)」。
「耆萩(めどはぎ)」の茎を使っていました。


ですから本来ならば、「筮(めどぎ)はぎ」でした。
短縮されて、「耆萩(めどはぎ)」と呼ばれるようになったようです。

メドハギの可愛い花今、占いに使っているのは、竹製の「筮竹(ぜいちく)」です。

竹の方が均一に
加工しやすい為ですが、
「耆萩(めどはぎ)」もかなりの
期間使われていました。


陰陽師・安倍晴明が
活躍していた頃には
なくてはならない
「耆萩(めどはぎ)」でした。

今は、土手の草むらなどにに
低木状に広がり
木質化した茎に葉を
びっちりとつけています。
その葉の中に、埋もれるように
萩の小花を咲かせています。



今回の歌は
この木は、花の木ではないでしょうけれど、花が咲きました。
そして、木の実がなる時でもあったらいいのにでしょうにと。


「あらまざれめども」にめどはぎの「めど」が入れられています。
「木の実」は「この身」とに解釈され、


すっかり忘れ去られた、この身が出世するといいのにな
という意味にもとれる歌になっています。


木の花でもなく、道端に咲く花ではない「耆萩(めどはぎ)」
知らない人が多いのではないでしょうか。


緑の葉の中に、小さな葉を咲かせている「耆萩(めどはぎ)」
散歩路、土手の草むらなどを探してみてください。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  秋風に 耆萩の花 見え隠れ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初秋 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黄色の花の「をみなえし」、白い花の「おとこえし」
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


女郎花 咲きたる野辺を 行きめぐり


  君を思ひ出  徘徊(たもとほ)り来ぬ(万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝夕の涼しさに、次の季節を感じます。
日差しは強くても
木々や植物は、秋を演出し始めています。


今回は、秋の訪れと共に咲く「をみなえし」
茎高く、黄色の小花をつけ秋風に揺れている「をみなえし」
秋の七草にも数えられている「をみなえし」


漢字で書くと「女郎花」が知られています。
その他に万葉集では
「娘子部四」「姫押」「姫部思」「娘部志」「佳人部為」「美人部師」
とも書かれています。

秋風に揺れる女郎花

「をみなえし」の『をみな』は、女性という意味。
『えし』の解釈はそれぞれあります。


この花が細かくて、あわ飯のように見えるからという説。
黄色いあわ飯を『女飯(めし)』で「をみなえし」
白い飯を『男飯(めし)』で「おとこえし」
と言われていますが、
万葉の頃には、この『飯(めし)』は使われていないようです。


『えし』は古語の『圧し』で
「をみな 圧し」(おみなへし)となり
黄色い小さな花の中に
女性の美しさを見ていたのではないでしょうか。


もう少し力強く咲く
白い花の「おとこえし」に
男性の力強さを対比していたのかもしれません。


日当たりの良い所であれば
日本全国にどこにでも見られる「をみなえし」です。


以前は晩夏から初秋にかけて
黄色の細かな花を集めて咲いてたのでしょうが
今は、野原の草むらに咲く姿はあまり見られません。


今回の万葉の歌は
秋風が立ち始めた野原には
黄色の小花の「をみなえし」が優しく揺れている情景の中で


「をみなえし」の咲いている野辺を歩きまわって花を折りながら、
あなたのことを思い出して廻り道をしてきましたという
優しさのこもった歌です。


現在では、野生ではなく
庭で栽培されている「をみなえし」が多くなっています。


遠出した山道などには、
黄色い「をみなえし」や、
ちょっと大きめの白い「おとこえし」が見られるかもしれません。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
   草はらに  黄色が揺れる  女郎花 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初秋 | 16:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「イネ(稲)」を食べてきた日本人
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


きのふこそ さなへとりしか いつのまに


  稲葉そよぎて    秋風の吹く(古今集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の天候は、いつもと違うようです。
お盆休みに入る頃に
やっと、いつもの暑さがきました。



西日本は、遅梅雨から台風と雨が多くなり
被害もおおくでているようです。
そして、予報では冷夏ということも出ています。


祖霊を送り
冷夏の予報を案じて、田んぼに目をやると
関東では、稲穂が実り始めています。
他の地域ではどうでしょうか。
平年並みの実りを期待したいところです。
こうべを垂れる蒼稲穂

「豊葦原の瑞穂の国」といわれてきた日本。
古来から、米作りにはげんできました。
そして、米で命をつないできました。


古事記によれば、
スサノオノミコトに殺されたオオゲツヒメの身体から
蚕や粟や麦が生まれ、稲の種が生まれたとしています。


そして、縄文時代後半から稲栽培が始まり、
弥生時代には稲作がひろまったとされています。


正月の鏡餅や雑煮から始まる、日本の1年。
米作りをしてきた日本の伝統文化があります。


民俗学者の柳田国男氏の民俗学のなかでも
基本の農作物は「イネ(稲)」としています。
稲耕作を中心とした生活が、日本の伝統中心として捉えています。


古事記や日本書紀には「稲」と使われています。
古くは「イナ(伊奈)」が使われていましたが、
万葉集では「イネ(伊弥)」と出てきます。


命をつなぐ「イネ(稲)」ですから
農家ばかりでなく、町家でも昔から大切にされてきました。
「米一粒 汗一粒」と言われたように
農民が苦労して育てた「米」
粗末にしてはならないと教えられてきました。


江戸時代、そして明治の頃までは
すべての人が「米」を食べていたわけではありませんでした。


すべての国民が、「米」を食べられるようになったのは
第二次世界大戦の時の
政府の食料管理政策を施行したからです。


しかし、その政策が、休耕田を作り
2000年続いてきた稲耕作の歴史が変化しています。


天候によって左右される稲作です。
なくてはならない、食料です。
今年も稲穂に実を結ぶように願っています。


今日の歌は
田植えをして、早苗となり
稲葉が多くなりこれから稲穂が見られる情景を詠っています。


田んぼの中の稲は
そろそろ、こうべを垂れ始めてます。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  蒼き穂が 盆風にふかれ こうべたれ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!





 

| 初秋 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長寿の祝い物、野老蔓(トコロヅラ)
野老蔓
秋の気配が、見られるこの頃
木にまつわりついている、
草も多く見られます。
 
優しそうな花を咲かせる
蔓性の草、「トコロ」
漢字では、「野老」と書きます。
古名は「トコロヅラ」と云われてます。
ヤマノイモと似ていますが、
このトコロは、
秋のムカゴができません。


牧野富太郎の説では
野老(トコロ)は海老に対する名前だそうです。

野老とは、横に這う根茎があって、ひげ根が多いものを
腰の曲がった老人と見立てています。

海の祝い物の、エビを海老といい、
山の祝い物の、トコロを野老とつけ
共に、長寿の祝い物と見立てたのです。

トコロのひげ根は、長寿を祝うための
正月飾りとして使われています。

トコロヅラの根茎は、横へ横へと延びていき
ひげ根を出していきます。
その根茎は、苦味を抜けば食用となります。

ふるさとの大和を目の前にして、命を亡くした
倭 健命(ヤマトタケルノミコト)の墓の周囲の田んぼの稲幹(イナガラ)に、
まとわりついているトコロヅラと、古事記に登場しています。
満開の野老蔓
駆け付けた后や
御子達が泣きながら
うたった歌です。
トコロヅラが
まつわりついている稲幹を
倭 健命に
見立てていたのでしょう。


天皇の皇子である倭 健命は、
稲霊があったとされていたのでしょうか。
亡くなって、倭 健命の霊は、白鳥となります。
その白鳥も、穀鳥とされています。 

若くして亡くなった倭 健命の霊に
まつわりつく、野老蔓(トコロヅラ)の対比が
深い悲しみを表わしているようです。

今回は、倭 健命を悲しむ歌です。


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 なづきの田の 稲幹(イナガラ)に 稲幹に
 はい廻(モトホ)ろふ 野老蔓(トコロヅラ) 
 (古事記)

━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  茂る木に まとわりて咲く 野老蔓 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


| 初秋 | 16:46 | comments(0) | - | pookmark |
秋の七草の「葛(クズ)」
葛の花 

クズは、真夏の日差しのなか、
大きな葉を茂らせています。

草地があれば、
どこまでもどこまでも
蔓を伸ばしているように見えます。

今では、雑草刈りの一番の
ターゲットになっています。


繁茂した葉と葛の花 今では、日本のどの地域にも
繁茂している葛ですが
古での葛は、大和吉野川畔の
国栖(クズ)地方に多く
葛粉の産地であったことに
よるといわれています。
今では葛というと、
吉野葛が有名です。
 
花は秋の七草にふさわしく
紫紅色の蝶型小花を
房状に咲かせます。
大きな葉の間から咲く、
花穂に秋を思わせます。


古来では、このクズは
この蔓の繊維で、葛布を織り
この根のでんぷんで、葛粉を作り
根を乾燥させて、葛根湯として解熱剤になり
葉が落ちた後の蔓で、籐行李を作る。
生活になくてはならない、植物でした。
繁茂する葛を見ていると、
現代の生活に役に立たないかと思う今日この頃です。
色あでやかな葛の花
夏場の草地に生い茂るので
花を愛でるというよりは、

はびこる雑草として
捉えられていたせいか、
どうかはわかりませんが、

七草のクズの花を詠った歌は
一首だけです。

恋人が懸命に夏草刈って、
作ってくれた葛布が仕上がり
着せてくれる日を待つ若者の歌です。


━━━ 今日の短歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 剣太刀 鞘ゆ入野に 葛ひく吾妹(わぎも)

    真袖もち 着せてむとかも 夏草刈るも 
(万葉集)

━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  白き裏葉 紅葛花の 雨除けに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


続きを読む >>
| 初秋 | 14:03 | comments(0) | - | pookmark |


最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS