野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「きり(桐)」は、最上の色とされる紫の花が咲く
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  桐の花の あまきかをりぞ ただよへる 


   五月の朝の  畑のよろしさ(佐々木信綱)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五月晴れの中、
大きな木に紫色の花が咲いています。
甘い香りを放って初夏を飾る「きり(桐)」です。

香り漂う桐の花

源氏物語の最初に出てくる“桐壺”
“桐壺”とは、
内裏の庭に桐が植えられていた庭をいい、
淑景舎(しげいしゃ)の別称でもありました。


「きり(桐)」は、日本には自生していません。
中国原産とされ、吉祥の木とされていました。
中国から朝鮮を経て渡来してきたようです。


この「きり(桐)」は、
木理と光沢が美しく
耐湿、耐寒性に優れ
木材は軽くやわらかで狂いが少ないことから
箪笥や長持などの家具材として重要なものとされてきました。


そして「きり(桐)」の花も
最上の色とされる紫であることから
花の美しさと共に
平安の人々にも愛されたのでしょう。


“大和本草”には
『この木切れば長く長ずる、故にきりと云』というように
切ってもすぐ芽が出て成長が早いことから
「きり(桐)」と呼ばれたのだという説があります。


今回の歌は
大きな木に咲く「きり(桐)」の花がさく畑。
花の香りが心地よさそうです。

空まで伸びる桐の花


関東の地では
女の子が生まれると庭に「きり(桐)」を植えました。
成長して嫁ぐ頃になると
大木に生長した木を使って
嫁入り道具の箪笥を作るという風習がありました。


現在は、20数年で大木が育つ庭もありません。
桐箪笥を持つ家庭も少なくなっているようです。


日本の気候には、
大事な着物などの保管には、桐箪笥は最適なのですが…



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  五月雨に  桐のむらさき  花落ちる 
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初夏 | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ムベ(郁子)なる、不老長寿の実
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  もの恋ふる 心さまねし 夕月夜


  軒端の郁子の 花咲きにほふ (岡 麓)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緑の葉の中から、
バナナをむきかけたように花が開いています。
小さな薄黄色の「ムベ(郁子)」の花。
ほのかな香りの郁子の花


秋になると卵大の紫色の実をつけます。
甘い味で、不老長寿の実と言われています。


「ムベ(郁子)」は、“アケビ”と似ていますが
それぞれ、“ムベ属”、“アケビ属”になっています。
これらは、アジアに生息しているものです。


「ムベ(郁子)」の名の由来は、
近江国の蒲生野(かもうの)で猟をされた天智天皇が
男子8人を持つ元気な老夫婦に出会った時に、
長命の秘訣をお聞きになりました。
“秋に採れる、霊果を食べている”から答えました。
そして、一つ差し出します。
天智天皇は、霊果を食べて
“ムベなるかな(なるほどもっともである)”と感動され、
この霊果が「ムベ(郁子)」と名付けられたと言われています。
それ以来、近江国から朝廷に献上されるようになりました。


「ムベ(郁子)」の実は、“あけび”より一回りほど小さく
実は、光沢のある紫色をして、裂開しません。


甘い実は、不老長寿の実として
今でも栽培されています。


「ムベ(郁子)」は常緑のつる性低木で
冬でも葉が落ちません。
からみついて咲く郁子の花

葉が出る時期に
幼茎ではは三葉、
その次に五葉、七葉と
掌状の小さな葉が出てくることから
めでたい木ともされています。


今日の歌は、
いろいろと思いめぐらしていて、
気がつくともう夕暮れになってしまった。
軒端の郁子の花の香りが漂ってくると詠っています。


常緑で、あまり高くならないで実をつけることから
近年、野趣味がある庭木として、人気も高まっているようです。


庭に植えて、秋に採れる不老長寿の実を
“ムベなるかな”と食べてみたいと思っています。



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  五月晴れ 葉に揺られ咲く 郁子の花 
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!





| 初夏 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
淡い絹糸の花が咲く、合歓の木
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昼は咲き  夜は恋ひ宿(ぬ)る  合歓木(ねぶ)の花


   花君のみ見めや   戯奴(わけ)さへに見よ(万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、梅雨空に、絹糸の花火がごとく花をつけている
「ネムノキ(合歓の木)」

この木の目覚めは遅い。
他の木が、新緑をつけ始めてもまだ音沙汰ない。

5月、やっと目覚めて新緑に染まっていきます。
そして、あっという間に花をつけていきます。

その花は、細い絹糸が天に向かって
はじけ散る花火のように咲いていきます。
天に向かって咲く合歓の花
落葉高木のマメ科の植物ですが
マメ科らしからぬ花が咲きます。

夕方暗くなってくると、
上向きに両手を合わせたように閉合することから
この名前が来ています。

漢名は「合歓(ゴウカン)」、
喜びを共にすることで夫婦和合を意味しています。
中国では、縁起の良い木として庭によく植えられています。

別名、「コウカ」「コウカノキ」とも呼ばれています。

農家では、葉をもんだ汁をつけて、ブヨに刺されないようにしたり
若芽や若葉を茹でて食べていたようです。
マメ科ならではのものでしょう。

材質は固いので、下駄の歯にも使われていました。

そんな「ネムノキ(合歓の木)」を詠んだ歌。
大伴家持と長い間、歌を交わしあった紀郎女(キノイラツメ)の贈答歌です。

昼は花が開き、
夜になると、恋したいながら葉が眠る合歓の花を
私ばかりで、見ていていいものなのでしょうか。
お前さんも見なさい…と。

「合歓」の意味あいを持つロマンチックな歌です。

━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   
  色淡く 合歓(ねむ)の花開き 夏近し


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初夏 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
這いながら、花を咲かせるテイカカズラ
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


石綱(いわつな)の  また変若(をち)かへり  あをによし


          奈良の都を   また見なむかも (万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
木にからみついている「石綱(いわつな)」
万葉集では、この他に「石葛(いわつた)」、
「都多・津田(つた)」と云われてた植物。
現在では、キョウチクトウ科の「テイカカズラ」と云われるものです。

この「テイカカズラ」は、
新古今集の選者である、藤原定家。

藤原定家が、式子内親王を慕うあまりに
その墓にからみついたということに由来しています。
人物名が、植物の名前になっています。
白い花びらが回りだしそう
葉は小さくて、初夏に芳香のある白色の花が咲きます。
5裂して咲く白い花は、
風に揺られて今にも回り出しそうなかざ車のようです。

そして「カズラ」という名の通り
他の植物に絡みながら上へ上へと延びていきます。

奈良時代、
藤原広嗣の乱がおこり
奈良の都の平城京が、数年間廃墟となり
すっかり、荒れ果てた都を悲しんだ歌の一首です。

岩に、這い茂り白い花を咲かせている岩綱のように若返って
奈良の都を又、見る事が出来るようになるのであろうか。

這いながら咲く、かざ車のような白い花の賑わいが
都の廃墟を際立たせているようです。

奈良の都は、
来年、2010年「平城遷都1300年祭」。
色々な催しが企画されています。

万葉の頃から岩に這いながら咲き続けている、岩綱…
奈良の都で、テイカカズラを見つけてみませんか。


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   
  藪垣を  定家葛の  絡み咲き


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初夏 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月の風に揺れる麦秋
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


馬柵越(うませご)し  麦喰(は)む  駒の罵(の)らゆれど


    猶し恋しく   思(しぬ)びかねつも 
(万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小学生だった頃
関東平野は、二毛作が行われていたと記憶しています。
何処までも続く、麦畑の記憶がありましたが、
ふと気がつくと見られなくなった光景です。

秋、稲の刈り入れが行われます。
その後の田んぼには、麦が蒔かれます。
そして、厳寒の頃、やっと出たばかりの麦の麦踏みがされます。
春、桜の頃には蒼いムギ畑になり
5月の麦畑は、麦の穂が黄金色なります。
風に揺れる麦の穂
梅雨に入る前の今頃を麦の秋(むぎのあき)、麦秋(ばくしゅう)といいます。
麦を刈り入れる前の今の時期は、
空気も乾燥していて、気持ちのいいこの陽気は
秋に通じるものがあったのでしょうか。

近年、地元での地産地消運動が、活発になっています。
そのせいか、麦畑が少なくなった地域でも
麦を作る農家が増えているようです。
田畑が拡がる地域では、麦秋の光景が年々多くなっています。

万葉の頃も、麦は作られていたようで、麦を詠んだ歌が見られます。

万葉の頃は、麦と言えば「大麦」を指すようですが
平城京跡から出土された木簡には
“麦”と記されているのもありますから、
大麦も小麦も作られていたようです。

どんな食べ方をしていたのかは定かではありませんが
小麦粉で作る各地の料理は多くあります。
日本だけでなく、世界各地でも多く見られます。

現在、各地の小麦粉料理は、B級グルメとして、脚光を浴びています。
米ではない、小麦粉文化は庶民が培ってきたものではないでしょうか。
身近にある小麦粉料理、生活に密着したものが多いです。

今回の万葉の歌は
馬が、柵越しに麦を食べるとおこられるように
私は、あの人に恋をしている。
親には、叱られるけれど、恋しくて仕方がないと

恋している物にとって
どんなに親にしかられようと、
恋している、どうしようもない切ない恋が詠われています。

春、実を結んで風に揺らぐ麦の穂。
恋をして思い描いて揺らぐ心。
詠まれたのは、この麦秋のちょっと前の時節だったかもしれません。


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   
  麦秋に 夏思はむと 陽は強く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


応援おねがいします!
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初夏 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS