野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 春の陽ざしに開く、白梅 | main | 魔よけの呪力を持つ「桃(モモ)」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
弥生三月、ひな祭りの草餅
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


花のさく  心もしらず  春の野に


 はらはらつめる  ははこもちゐそ (和泉 式部)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

如月もあと少しで、弥生三月です。
弥生三月は雛の節句で始まります。

地上の草花は、ここのところの冷え込みで
まだまだ大きく育っていません。

まだ、若芽がでているといったところでしょうか。
畑の真ん中にも
春の七草の三番目、「ゴギョウ(五行)」
「ハハコグサ」の若芽が出始めました。

若芽のハハコクサ


古では、この「ハハコグサ」が草餅の材料でした。

牧野富太郎博士によると
「ハハコグサ」という名前は、
『文徳実録』という書物の著者が、いい加減な作り話を書いたので
「ハハコグサ」という名前が生じてしまったそうです。

その『文徳実録』は
文徳天皇の代、嘉祥3年(850年)から天安2年(858年)までの
8年間の歴史書です。
その昔の著者などは、特定できないと思われます。

博士は、そんな名前はそれ以前にはなかったと、
ですから平安時代以前は、「ホウコグサ」でした。

「ホウコグサ」の他に、古名は「オギョウ」

春の七草の三番目の「ゴギョウ(五行)」も
本来は「オギョウ(御行)」が正しいのだそうです。

その他に、
「トウコ」「モチバナ」「モチブツ」「コウジブツ」「モチヨモギ」
「ネバリグサ」「モチクサ」と色々な名前で、呼ばれています。

三月の雛の節句には、草餅を作ります。
現在では、ヨモギを入れて草餅を作りますが
古では、田や畑の畦などで摘んだ「ホウコグサ」を
充分に乾燥させたものを使って、草餅にしていたようです。

今のお米と違って、米に粘りがないために
「ホウコグサ」の葉にびっしりある綿毛がモチとしての
繋ぎの役目をしていました。

草餅にするために採取できる量は「ホウコグサ」では僅かでしかないために
同じように綿毛のあるヨモギが、草餅に使われるようになってきたようです。

「ホウコグサ」が色々な呼び名があるのは
各地で草餅の材として使われてきた名残でもあります。

現在のお米は、草に頼らなくても粘りもしっかりありますので
草の香りを楽しむのが目的になっています。

草餅の材料としてもすっかり忘れ去られてしまった「ホウコグサ」ですが
地方によっては、今でも作られているようです。

機会があったら、
ヨモギではない、「ホウコグサ」の草餅食べてみたいものです。

食用植物でなくり、すっかり道ばたの草の「ハハコグサ」。

「ハハコグサ」と、言われるようになって、もう、千年以上が経ちます。
本来と違って名前は一人歩きして、現代名は「ハハコグサ」です。


中古三十六歌仙の一人、和泉 式部の歌も「ハハコグサ」です。


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  春めくも 凍てつく地より 母子草  
   


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!





| | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS