野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 日本古来からある杉(スギ) | main | 弥生三月、ひな祭りの草餅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
春の陽ざしに開く、白梅
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わが園に  梅の花散る  ひさかたの

 天(あま)より雪の  流れくるかも (大伴旅人)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「梅(ウメ)」が咲き始めると春の訪れを感じます。
暖かさに、梅の蕾もふくらんで開花の早さを増しています。

梅が日本に渡来したのは、奈良時代以前のようです。
この梅は、遣隋使や遣唐使などが持ち帰ったとされています。

満開近い白梅

この梅は、漢方薬の「烏梅(ウバイ)」として渡来しました。
古代の梅は白梅が、ほとんどだったようです。

白梅は、香りもよく、寒いうちから咲く「梅(ウメ)」は、
当時、気品のある花として人の心を捉えたのでしょう。
そして、日本人好みのする花だったのか、
多くの歌に詠まれ、人々に愛でられました。

この梅の花を詠んだ歌は、万葉集には119首の歌に詠まれています。
ちなみにさくらを詠んだ歌は、40首です。
梅の歌は、萩に次いで多く、桜の花の3倍はあります。

奈良時代の歌人、大伴旅人は、
太宰帥として九州に赴き、
当時、筑前守だった、山上憶良と共に作歌に励みます。

香りのよい白梅今回の万葉の歌は、
旅人が、九州の官人を集めて、観梅を行い
その宴の席で詠んだ歌です。

我が庭に、白梅の花が散っていく。
天上から、雪が降り流れくる

太宰府の長官として、
誇り溢れ、気品を感じられる歌です。

時を経て平安時代、
太宰府に左遷された菅原道真の歌とは
対照的でもあります。



旅人の時代では
紅梅が詠まれた歌は一首です。
紅梅は、平安時代になってから
中国からもたらされます。
菅原道真の歌は、紅梅を詠んでいるのでしょう。

暖かな日差しを受けて
春告げ花と言われる梅を観に出かけませんか。。

 
━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   
  風ふきて  蕾を開く  春告げ花  
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



<

応援おねがいします!
応援ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!





| | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:38 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS