野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 香り立つ、ふじばかま | main | 甘い棗の実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
山道にはえる「杜鵑草(ホトトギス)」
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う




━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  杜鵑草 黄なるを見れば 物干しに

     時雨の雨は  ぬれつつぞ降る
 (土屋 文明)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビロードで覆われたような「杜鵑草(ホトトギス)」の花。
なんとも渋い花です。


林の中や、山道に咲いていると趣があります。
 そんなところが、茶花に好まれて
 お寺の境内などにも植えられています。

「杜鵑草(ホトトギス)」の由来は、
花弁と花柱が同じ紫斑になっていて
その基に黄斑があります。

それが、ホトトギスの胸斑に似ているところから
 「杜鵑草(ホトトギス)」と言われたとされています。

日蔭の杜鵑草

そして、その容姿から
山道にあるものを“ヤマジノホトトギス”
山地に生えるものを“ヤマホトトギス”
矮性のものを“チャボホトトギス”
 などと名付けられています。

日本が原産とされて、JUGEMテーマ:野花と草木を詠う
 中国や韓国や台湾などで、19種確認されています。
 そのうち10種が日本固有のものです。

その10種のうち地域固有種などは、
 開発のための造成工事や盗掘もあり、
 絶滅が心配されている種もあるようです。

日本では「杜鵑草(ホトトギス)」と言われている花が、
中国では、葉の黒点から“油点草”
英名は、“トード・リリー”と名付けられています。

ちなみに“トード”は、ヒキガエルという意味。
 見かたによっての違いが、面白いです。



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   うそ寒し 陽に花開く 杜鵑草 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます!

| 晩秋 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:07 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/175
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS