野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 花びらのない、桜蓼(さくらたで) | main | 山道にはえる「杜鵑草(ホトトギス)」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
香り立つ、ふじばかま
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  やどりせし 人のかたみか ふぢばかま


  わすられがたき  香ににほひつつ(紀 貫之)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋の七草として、
山上憶良に詠まれている「藤袴(ふじばかま)」。


水辺に生える「藤袴(ふじばかま)」は、
乾燥させて、香り高い香料として
又、虫毒を除き、不祥を避ける草として使われていました。


秋の七草の他の、
はぎ、すすき、くず、なでしこ、おみなえし、ききょうは
割合どこにでも見られ
万葉集の中でも詠まれていますが、
「藤袴(ふじばかま)」だけは、
山上憶良の歌だけです。

蕾の藤袴

奈良時代以前に、中国から渡来しています。
中国では、“蘭”と表現されていました。


元来中国では、
芳香を放つ草を“蘭”と総称していたようです。


延喜年間(918年)に出来た、“本草和名”に
“蘭草”の和名は“布地波加末(ふぢはかま)”と記されています。


平安文学の
源氏物語の第30巻に「藤袴(ふじばかま)」があります。
その本文中には、
「…蘭の花いとおもしろきを 持ち給えりける…」とあります。
その芳香から“蘭”とも云われていたのが伺えます。


今回の歌も
泊まっていった人が置いていった「藤袴(ふじばかま)」の
匂うよい香りが忘れがたいと、詠っています。


古来は、川辺などに多く生えていたと思われますが
今では、あまり見かけなくなり
希少の植物となってしまっているようです。


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  秋の野に むらさき匂う ふじばかま 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!







| | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:07 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/174
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS