野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 土壌を浄化する向日葵 | main | 花びらのない、桜蓼(さくらたで) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
秋の七草の葛の花
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  見しひとも なき山里の 岩がきに



   心ながくも はへる葛かな(紫式部)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤紫の花弁の穂が秋風に揺れています。
大きな木に絡みつき咲く「葛(くず)」の花。
いつもより、雨も多いこの頃では
葉も大きめになって道路までも蔓が伸びています。

葉影に咲く葛の花



土手や荒地に
わがもの顔にはびこる勢いは
目を見張るものがあります。



秋の気配が漂う時期に高々と咲く
「葛(くず)」の花。
マメ科の植物と同じような花は、
香りもよく、古代色の花びらは
優雅さを漂わせます。
そんなところから、
山上憶良は、秋の七草の一つに選んでいます。



葉も蔓も
茶褐色のかたい毛をもち
他の植物を寄せ付けないで大きくなっています。
大きな葉を、大きな木に絡ませ
瀕死の状態にしてしまう程の勢いを見せます。



帰化植物が多い中で
この「葛(くず)」は、海外へ渡って増え続けている植物の一つです。



100年程前アメリカでも、
砂漠化を防ぐ緑化植物として植えられました。
しかし、どこまでもはびこる
その勢力のすさまじさから
今では、困っているようです。

赤紫色の葛の花



古来からある日本では、から
大きく育った根は貴重なものとされてきました。



根からは取り出した葛粉は、
料理に使われてきました。
又、薬用として“葛根湯”として使われたりと、
私達の生活に役立つ植物として根を張ってきました。



今回の歌は、
「葛(くず)」は、その昔平安の頃も、
根を張り広がっていたのかと思わせます。




━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  見渡せば 首をもたげる 葛の花  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!








にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!







| 初秋 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:45 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/172
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS