野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 竹似草は、ささやき草 | main | 秋の七草の葛の花 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
土壌を浄化する向日葵
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  恐ろしき 黒雲を背に 黄に光る


   向日葵の花  見ればなつかし(木下 利玄)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夏の暑さの中で
太陽に向って咲く「向日葵(ひまわり)」


この「向日葵(ひまわり)」の名前の由来は
太陽と共に回転する花と言われています。

暑さの中咲く向日葵


若い蕾は、太陽の動きに連動しますが
育って大きな花が咲くと動きません。


「向日葵(ひまわり)」の原産地はアメリカ大陸です。
ヨーロッパ大陸に伝えられ
日本伝来は、江戸時代です。


日本で最初に記した、“貝原益軒は”
夏のシンボルの様な花の「向日葵(ひまわり)」を見て
“最も下品なり”と言ったそうです。


太陽を思わせるこの花は、
大きなものでは、2m近く伸びるのもあります。
大型の黄色の花は、多くを主張していたのかもしれません。


この「向日葵(ひまわり)」は、
種子が食用や油になり
葉なども飼料になる有用植物です。


原発事故が起きてからは
「向日葵(ひまわり)」が放射能汚染された土壌を浄化すると話題になっています。


“下品なり”とさげずまれた「向日葵(ひまわり)」ですが
これからは、あちこちで夏の太陽を受けて
大きな花を咲かせる事になるでしょう。


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  夏雲を 背に向日葵の 花揺れる  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 盛夏 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:34 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/171
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS