野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 古来は「楝(あふち)」、今は「栴檀(せんだん)」 | main | 竹似草は、ささやき草 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
郷愁を誘うちがやの花穂
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  浅茅原 つばらつばらに もの思(も)えば


  故(ふ)りにし郷(さと)に 思ほゆるかも(万葉集)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨空に、草だけが勢いを増しています。
そんな草むらの中で
「ちがや」の花穂が風を受けて揺れています。

道端のちがや

この「ちがや」は、山や野のいたるところに見られます。
緑の草の中から揺れる「ちがや」、
なんだかホッとする野の風景となっています。


開花前の花穂は、「つばな」と呼ばれます。
この「茅花(つばな)」を集めて
“子供の頃に手でもんで食べた”
と、母に聞いた事があります。
戦前の子供のおやつだったようです。


「ちがや」は、万葉集にも多く詠まれています。
万葉の頃、現在と同じように、
山肌や草むらに多く生えていた光景だったのでしょうか。


“万葉集品物解”に、
「この草は、高く伸びず浅く生えるところから浅茅(あさち)といえり」
とあります。
そんなところから
万葉集では「ちがや」「つばな」「あさち」と詠まれています。


今回の歌は、細々とものを思っていると
「ちがや」の生えている自分の故郷が思われると詠っています。

風に揺れるちがや

荒れた土地になるとセイタカアワダチソウなどが多くなりますが
この「ちがや」も負けず劣らず、
土の下にしっかり根を張って広がっていく植物だとか。


アジアでは、熱帯植物がなくなった土地に
しっかり根を張り広げ育っていく
「ちがや」が問題になっているようです。


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  雨上がり かすかに揺れる ちがやの穂


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!







 

| 初夏 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:27 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/169
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS