野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 五月風にそよぐ山法師 | main | 古来は「楝(あふち)」、今は「栴檀(せんだん)」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
立てば、芍薬…
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  うす紅の なかにひと花 白妙の


  匂いあまれる 芍薬の花 (大田 水穂)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
この言葉は、美人を形容する言葉です。
今では影が薄くなった言葉になっています。


今回は、見事に咲く「芍薬(シャクヤク)」の花。
中国や北欧原産の宿根草。

花弁が開く芍薬の花

古来、薬用として渡来しました。
この根を乾燥させたものを
鎮痙薬、鎮痛薬として使っていました。
“エビスグサ”といわれていました。


勺とはけいれんを伴う病気をいいます。
多分てんかんの発作を伴う病気です。


あのシーザーもその病に悩まされていたのでしょうか。
ギリシャでもシャクヤクの仲間が栽培されて使われてました。


鎌倉時代以降は、和名よりも
漢名を「芍薬(シャクヤク)」と音読みで呼ばれています。


薬草として栽培されていましたが
この花の美しさから
江戸時代には、鑑賞用の栽培が盛んになります。
多くの品種が、書物に記載されるようになります。


中国でも最初に栽培された花として伝えられています。
「芍薬(シャクヤク)」はボタンの姉妹花。


牡丹は百花王といわれ
「芍薬(シャクヤク)」は宰相の異名を持ちます。


「芍薬(シャクヤク)」も牡丹も、華麗な存在感のある花で
似ていると言われますが
「芍薬(シャクヤク)」は草。
毎年、新しい芽を伸ばして花をつけます。


牡丹は、樹になり横枝を伸ばして花をつけています。


牡丹の花が終わる頃
「芍薬(シャクヤク)」の蕾が大きくなり開花します。


うす紅色の芍薬の花

梅雨空に咲き揃う存在感のある花。
大きな「芍薬(シャクヤク)」の花が
咲いている情景をうかがわせる一句です。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  芍薬の 花びら開き 雨模様


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!






| 梅雨 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:42 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/167
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS