野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< つぼみが開くさくら | main | 大きな母衣の熊谷草 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
籾の種漬けの時を知らせる、たねつけ花
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  苗代の 畦にすがれし たねつけ花


   踏みつつ吾は  かすみ網はる(酒井良一)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さくらが咲いて
春の気温になると、そろそろ農作業も忙しくなります。


足元には、「たねつけばな(種漬花)」が目立ってきます。
白い4弁の十字の花をのアブラナ科の植物です。


田んぼ、溝、水辺などの湿地を好んで生えています。
日本全国、どこにでもみられる草でしょうか。

風に揺れるたねつけ花

農家の人が、籾種を水を付ける頃に咲くので、
籾の種漬けの時というところから
「たねつけばな(種漬花)」と云われています。


いつから伝来したかはわかりませんが
中国での漢名は“砕米薺”で、野菜譜にでてきます。


春大きくなった
「たねつけばな(種漬花)」の葉を
胡麻和えにして食べるとおいしいとか。

4弁の花が開くたねつけ花

江戸の文政のころから天保時代にできたといわれる
愛媛を代表する民謡の伊予節の一節に
“高井の里のていれぎや”とでてきます。


この聞きなれない“テイレギ”は、
“オオタネツケバナ”です。
たねつけ花より、先の葉が大きくなっているもので
刺身などのあしらい使われていて、
松山名物になっています。


松山出身の、正岡子規も好んでいたようです。
松山名物の“テイレギ”食べてみたいものです。


この「たねつけばな(種漬花)」を知ってから
道端の花が目立つようになると
農家の人達も忙しくなって来るのかと眺めています。


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  春風と 種漬け花に 耕を知る


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/163
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS