野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< すはま草とも呼ばれる雪割草 | main | つぼみが開くさくら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
人懐かしく生える「なずな(薺)」
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

今回の東日本大地震の 被災地の方々には
心よりお見舞い申し上げます。


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  よく見れば 薺花咲く 垣根かな (芭蕉)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どこの草むらにもある「なずな(薺)」
人に息づかいのするところに生えているようです。
人の気配のない、山奥などには見られません。
人のいる、畑、道端、空き地などに生えています。


そんな人懐かしく生える「なずな(薺)」ですが、
先ず、刈り取られる草になっています。


今は、見向きもされない草になっていますが、
古来は、春の七草の代表として
早春、萌え出てきた葉を摘む、野菜でした。


春の七草は、目で楽しむ秋の七草と違って
健康を祈る薬用植物でしたから
薬草としても利用されていました。

ぐんぐん伸びる薺

「なずな(薺)」の語源は、“撫で菜”とも言われますが
古い朝鮮語の“ナジ”からとも言われ
今でも韓国では、なずな料理があるようです。


「なずな(薺)」は、アブラナ科の二年草です。
白い小さな十字花をつけ、
どんどん伸びてくると、花の下に
三角形を逆さまにしたような果実がつけます。


子供の頃、草むらの中から
三角形の果実を沢山つけた「なずな(薺)」を摘んで
振って鳴らして遊んでいました。


その果実が、三味線のバチに似ているところから
“ぺんぺん草”ともいわれていました。


“ぺんぺん草が生えている”と言うと
人が近寄らない寂しい表現に使われることが多くなっています。


ちょっと人気のない「なずな(薺)」ですが
炭酸ガスなどの汚染物質を吸収して
土に還してくれる働きを持つとも言われています。
草として追いやられてしまう植物ですが
ちょっと見直しても良い植物かもしれません。


大震災の後の
海水がさらっていった土地に
一番先に生えてくるのは、
人懐かしく生えてくる「なずな(薺)」かもしれません。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  薺花 幼き頃の 音を聞き


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!







| | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/161
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS