野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 寒さの中の松の緑 | main | 早春の梅香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
春を待つ寒木瓜の花
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  寒木瓜の 吾娘にも欲しき つつましさ (関口 たま)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寒風に揺れている、緋紅色の
「寒木瓜(かんぼけ)」の花。

「木瓜(ぼけ)」はもともと春の花ですが
冬の時期に花を見る為に栽培された「寒木瓜(かんぼけ)」。


その種類は多くあり
鉢植えや切り花としてつかわれています。
又、盆栽にも仕立てられています。

寒さに向かって咲く寒木瓜

「木瓜(ぼけ)」は、中国から渡来した植物です。
“木瓜(モッカ)”から転化したものと言われています。


落葉低木で、
朱、緋紅色、薄桃色、白と
花の色が混じり合い優しい色調が何とも言えません。


春を迎えるこの時期に、
緋紅色、薄桃色、白などの色が混じり合い咲きます。
庭木としても人気があります。


花が終わった後には、
球形のりんごに似た果実をつけます。
果実酒などにすると、疲労回復に効くとか。



寒さの情景のなかで
寒さゆえなのか
花弁が大きく開かずに抱えるような咲き方をします。
その為、「寒木瓜(かんぼけ)」は、
鮮やかな中にも
つつましさを感じさせるような花です。


今回の歌は、
寒さの中に咲く「寒木瓜(かんぼけ)」の花を見ながら
娘を想う親心を詠っています。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  雨もなく 寒木瓜の花  色乾き


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!








| | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/155
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS