野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 寒さの庭を彩る、まんりょう | main | 群生する葉蘭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
風に揺れる柾の赤い実
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   つくばひや 斑入り柾の 咲きこぼれ (圭  岳)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここのところ、目につくのは、木々の赤い実。
葉が落ちた木につく赤い実が多い中で
つやつやとした常緑の葉の中から、
実が割れて朱赤の種が顔を出している「柾(まさき)」。

緑の葉と赤い実の柾

子供の頃の家並みは
ブロック塀などはあまり見られませんでした。


緑の生け垣が多くありました。
この「柾(まさき)」も生け垣に多く使われていました。


常緑のつやつやとした葉の生け垣で
家々は、区切られていました。


若葉が濃くなる頃の葉を
くるくる丸めて、先をちょっと潰して
思いきり吹くと、可愛い笛になります。


学校の行き帰りに、
葉っぱをちぎっては、
この笛を吹きあっていました。


この頃は、ブロック塀の家が増えて
あまり、「柾(まさき)」の生け垣が見られなくなりました。
梅雨時に発生する病気なども関係しているようです。

小さくて可愛い柾の花
この「柾(まさき)」は、
梅雨時に白くて小さな花を咲かせます。


生け垣として見ていた頃は、
剪定時期もあったのでしょうが
花も実も種もあまり見た記憶はありません。


大人になってから
この実を見つけた時は、感激たものです。


時々、見かけると
つい葉っぱをつまんでしまいます。

実から顔出す柾の種

今回の歌は、
庭先の手水鉢の傍らに、
つややかな斑入りの柾の葉。
紅い実の中から顔を出す、朱赤の種。
趣のある情景を詠っています。


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   冬の朝  寒さに踊る  柾の実


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/150
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS