野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 人の姿に似ている、柊 | main | 風に揺れる柾の赤い実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
寒さの庭を彩る、まんりょう
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   大和路へ  冬入り来たり この朝け


    寺にありて見る   庭の万両(木下 利玄)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
紅葉の葉も舞い落ちると
冬の陽に照らされる木々の中に
紅い実が目につきます。
冬の陽のなかの万両
その中でも
寒くなると、その珊瑚色の色味を一層増す
「万両(まんりょう)」
縁起物として、正月に飾られます。


紅い実がつくものとしては
“せんりょう”の「千両」もありますが、
他のものより下向きの紅い実が
多くついたからでしょうか?
「万両(まんりょう)」です。


この中で、紅い実の彩度が高い「千両」だけは
“せんりょう科”に属し、科目が違います。


同じやぶこうじ科の“やぶこうじ”や“からたちばな”は、
万葉集にも詠われています。


この「万両(まんりょう)」の存在が
庶民にも知られるようになったのは
江戸後期から明治時代になってからのようです。


今では、実を食べた鳥の糞からも増えると云われて
林の中でも、多く見られます。


しかし、いつの頃から「万両(まんりょう)」と認識されたのか
はっきり分かってはいないようです。


古代に見られる“やぶこうじ”や“からたちばな”が
いつの頃からか、交配したのかもしれませんが…


江戸時代になると文献にもみられます。


武士世界の江戸時代には、
“万量”や“まん竜”などとでてきます。
武士の世界では、
あからさまな金銭の名前は避けられていたのかもしれません。


その他に、江戸時代では
“あかき”とも呼ばれていました。
紅の彩りがます万両
珊瑚の実が、冬の庭を彩る「万両(まんりょう)」。
今では、実を食べた鳥の糞からも増えると云われて
林の中でも、多く見られます。


明治時代になってから、品種改良も多く進んで
今では、多くの品種が栽培されています。


今回の歌は、
冬に入り寒さも増してきた
早朝の寺の庭に咲く、
下垂した、深みをました紅色の実が
冬庭に彩りをましている情景が詠われています。


これから、寒さに向い
冬枯れの中で、紅い実が彩りを添えてくれるようになるでしょう。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   薄日さす 万両の紅 影長く


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| | 14:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:35 | - | - | pookmark |


コメント
りんさん、いつも見てくださってありがとうございます。
楽しんで頂けるようにしたいと思ってます。

よろしくおねがします。
| konohanaki | 2010/12/16 2:55 PM |
はじめまして。
いつもこっそりと拝見しています!
これからも、更新楽しみにしていますね♪

| りん | 2010/12/15 10:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/148
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS