野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 日本原産の山茶花の花 | main | 寒さの庭を彩る、まんりょう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
人の姿に似ている、柊
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   ひひらぎの 白き小花の 咲くときに


   いつとしもなき  冬は来むかふ (斎藤茂吉)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんだか秋の香りを思わせる花の香り。
細かな白い花が沢山咲いていました。

老木に咲く柊の花

太い木には、
つやつやと深みのある緑の葉。
小さな葉の間から白い小花が沢山ついています。
この季節、こんなに花の咲く木は何だろう。


よくよく見ると、
先の葉だけが、ちょっと尖っています。


小さな白い花の咲いているのは「ひいらぎ(柊)」でした。
木へんに、冬と書く「ひいらぎ(柊)」。


“きんもくせい”と同じモクセイ科です。
その為に、花の香りも似ていたのかもしれません。


そして、古木になると、
葉の周りにあった尖った部分が丸くなるとか。


こんなに沢山の花をつける「ひいらぎ(柊)」を
私は、初めて知りました。


「ひいらぎ(柊)」は“疼木”ともいわれ
“疼”は、ひひらぐで痛むの意味です。
葉のトゲに触ると、ひりひりと痛んだ所からきてるのでしょう。


その常緑の葉に鋭いとげを持つ「ひいらぎ(柊)」に
鬼は目が傷つくのを嫌がったとかで、
立春の向える豆まきの日に
鰯の頭と共に、
門や出入り口に飾る風習は今でも残っています。


若い木の葉は、鬼を退治する程の
鋭いトゲを持っています。

香りを放つ柊の花

老成すると
葉の鋭いトゲも見られなくなり丸くなる「ひいらぎ(柊)」


老いたら、人当たりも丸くなるのがいいですね。
なんだか、人の姿に似ているようです。


今回の歌は、
「ひいらぎ(柊)」の花が咲きだすと
冬がやって来ると詠っています。


晩秋から咲き始めて花が散ったあとは
寒い冬がやってきます。


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   霜曇り 柊の花 はらはらと


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!







| | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:25 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/147
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS