野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 釣られ揺れる、釣船草 | main | いつまでも緑のきづた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
縁起ものの搗栗(かちぐり)
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   山風に 峯のささ栗 はらはらと
   
    庭に落ち散る  大原の里
 (寂然 法師)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋の味覚が、楽しめる今日この頃。
「栗(くり)」ごはんが美味しい季節です。

春に花が咲き、秋に、実をつける。
多くある木の実のなかで
「栗(くり)」は、茹でて、焼いてと
手軽に食べられる木の実です。
日本では、縄文の昔から、食べていました。

顔を出す栗
昔から、貴重な食料とされてきた「栗(くり)」。



山野に自生している物から
栽培も多くされてきました。
又、庭先でも植えられてきました。



この時期、毬(いが)の中から顔を出す「栗(くり)」。
子供の頃は、山の中に入って
大きな栗の木の下で、栗拾いをしました。



殆ど、茹でて食べてました。
鬼皮が、なかなか剥けずに苦労をしながら
それでも、栗の甘みは美味しいものでした。



祖母などによると
かまどの灰の中に入れて焼いて食べたとか。
いつも聞きながら、
さるかに合戦の一場面を思い出していました。




栗の実をよく干して
殻と渋皮を取り除くために臼で搗いて作られる“搗栗(かちぐり)”
臼で搗くことを“搗(か)ち”。



“搗(か)ち”と“勝(か)ち”にかけて
その昔、戦場に向う出陣の時や勝利の時に
“搗栗(かちぐり)”を供えたり、食べたりしていました。
今でも、正月に食べる習慣もあります。

落ちる栗の実
秋に沢山採れた「栗(くり)」は、
干して保存されて、縁起物としてだけでなく
栄養豊富な貴重な食料だったのでしょう。



今回の歌は、
秋も深まり
風に乗って、山の上からの栗が落ちてくる様子が詠われています。



「栗(くり)」をたくさん集めて
“搗栗(かちぐり)”を作ってみましょうか。



 




━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   道行きて  栗の毬(いが)より  顔出す実 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!






| | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/140
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS