野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 「おしろいばな(白粉花)」は、花びらがない不思議な花 | main | 面白い由来の「へちま(糸瓜)」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
秋海棠(しゅうかいどう)の花言葉は、片思い
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  秋海棠  西瓜の色に  咲きにけり  (芭蕉)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝夕の風は、
ほんのり涼しさを感じます。


暑さにかまけていたら
庭には、秋を迎える花が咲きだしました。

木蔭に咲く秋海棠

秋の花「秋海棠(しゅうかいどう)」
中国から渡来した花です。


この花が、中国から渡来したのは
17世紀の中頃とされています。


春に咲く“海棠”に似た花で、秋に咲くという意味を持つ花です。
しかし、春に咲く“海棠”とは別物で
ベコニア科の植物なのです。


晩夏から秋にかけて淡紅色の花を咲かせます。
花は、雌花と雄花が混生して咲きます。
雄花は、四弁で二弁が特に広く大きくなっています。

秋海棠の雄花

葉は、少し歪んだ卵型をしているところから
『片思い』という花言葉を持ちます。



「秋海棠(しゅうかいどう)」は、木陰の半日陰のような
ちょっと湿った所を好みます。


秋雨に濡れながら咲く「秋海棠(しゅうかいどう)」が
この花にとっては一番合うようで、
花びらが濡れて、半透明になったような紅色に
雨に濡れながら立つ美人を思わせます。


今年のように雨のない
晴れている日の、淡紅色の花。


季節の移り変わりを思い起こしながらも
なぜか、西瓜を連想させている今回の歌。


芭蕉が歌を詠んだこの時期も
暑かったのでしょうか。


この時期、もう少し雨に遭えば
もっと花色が鮮やかになるのでしょうに…


 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
   秋海棠 水汲みかけし 雨を待つ


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初秋 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:23 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/132
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS