野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 暑さにも負けない、夾竹桃 | main | 痛そうな「ままこのしりぬぐい」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
暑さにのなか育つ「胡麻(ごま)」
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   夕風の さわさわ早稲の 穂の間(ひま)に


    はや咲きまじる  白胡麻のはな (北原 白秋)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


夏の暑さには、暑くてたまらない太陽ですが
これだけ陽がさすと
植物は、太陽の恵みを受け、育っています。


この暑い太陽が照りつける畑で
上へ上へと咲いている「胡麻(ごま)」の花。
夏の朝、咲きそろう胡麻の花
1メートルくらいの高さに伸びて
淡薄紫の花をつけ、乾燥には強い植物です。


私達の今の食卓に無くてはならない「胡麻(ごま)」。


栽培は、採油種子として古代から栽培されていました。
古代エジプトでは、“ごま油”が化粧顔料とされていました。
その他、“ごま”の種子が通貨としても用いられていたそうです。


日本でも縄文時代の遺跡から、種子が発掘されていますので
もうずいぶん前から、育て食べられてきた植物です。


原産地は南アフリカ地方、
日本には、中国から伝来したとされています。


「胡麻(ごま)」は漢名の字が当てらたとされています。
しかし、語源を研究された中村浩氏は
油の事を“ゴ”又は“ゴウ”と云ったので、“ゴマ”の“ゴ”は油のこと。
ちなみに、豆の油は“マメノゴ”と云っていました。
“ゴマ”の“マ”は、“実”ということで、種子を指していなのではないか。


“ゴマ”とは、“油を含んだ種子”という意味を持っているのだろうと…。
縄文時代から親しまれてきた事を考えると
漢名のまま呼ばれて、来たようではないように思えます。


文字では、延喜式に「胡麻(ごま)」の記載があります。
平安時代には、絞った油の料理の記載がありますから
「胡麻(ごま)」を絞って油として使われていた事が解ります。


日本の気候に合ったのかどうか
胡麻は、荒地でも高地でも高冷地でも栽培が容易で
各地で、またたく間に栽培されるようになっていきます。


「胡麻(ごま)」は、
油として食用として、更に漢方薬としても用いられてたようです。


種皮の色によって黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマに分けられます。
どの種類を取っても栄養的にはほとんど差がありませんが、
黒ゴマの皮の部分にタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいます。


沢山の栄養素を含んでいる「胡麻(ごま)」は、
抗酸化成分もあるといわれ、
今では、サプリメントも人気になっているようです。


落語のなかで、
貧乏人の所に客が来て、飯時になってしまう。
しかし米がない。
米がないと知られたくなかったので
女房が、台所で「胡麻(ごま)」をすり鉢に入れて摺り始める。
すり鉢から、“ごしごし”と音が立つ。
その音で、食事の支度をしているように見せかけるという筋書きです。


昔は、米よりも「胡麻(ごま)」の方が庶民は求め安かったのでしょうか。
現在の台所では
米はあっても「胡麻(ごま)」の方がないかもしれません。


現在私達が食べている「胡麻(ごま)」の
99パーセントが外国からの輸入になっているとか…。
ちょっと寂しい数字です。
国産の「胡麻(ごま)」は、道の駅だけでしか買えないのでしょうか。
淡紫色の胡麻の花

今回の歌は、
暑い夏も夕方になると
風も爽やかに吹きぬけていきます。
青い稲穂も垂れてきて風に揺れている向こうに
白胡麻の花も咲き始めたと
爽やかに咲く胡麻の花が、涼しそうです。


 


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
   暑き朝 うつむきがちの 胡麻の花


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 盛夏 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/129
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS