野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< ぐんぐん伸びる夏草 | main | 暑さにのなか育つ「胡麻(ごま)」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
暑さにも負けない、夾竹桃
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う


 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ひでりつづき あまりに赤き 花見れば



    夾竹桃も  うるはしからず(尾山 篤二郎)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
陽射しが強くなる炎暑に咲く「夾竹桃(きょうちくとう)」。
夏に花が咲く、数少ない花木の一種です。



灼熱の太陽に負けないで
空に向って咲いている姿に力強さを感じます。
暑い日に咲く夾竹桃
この名前の由来は、
葉が狭く、花が桃の花に似ている処からきています。



暑さに向って咲いている花。
猛暑・乾燥・洪水など
どれをとっても強い植物といわれる「夾竹桃(きょうちくとう)」。



インドから地中海にかけて、数種自生しています。
海辺に、似合う植物です。
海岸沿いには、よく植えられています。



日本へは、江戸時代の頃
インドから中国を経て渡来してきました。



日本では、高度成長期を過ぎた頃
排ガスなどの公害に強いと云うことで
交通量の多い道路の街路樹などに多く植えられました。



そんなことで、海辺などに植えられていたものが
街中でよく見られるようになってきたのです。
その為か、あまり鑑賞される花木と思はれてないようです。
大気汚染に強い木と云う認識の方が強いかもしれません。。



もう一つ避けられていることとして「夾竹桃(きょうちくとう)」には、
有毒な成分があることです。
古くから、その根を使い麻酔などと用いてきたようです。



仏典には、「夾竹桃(きょうちくとう)」の花輪を悪人にかぶせたり
死者の顔を覆うのに使用されたとされています。
その為、中国では最初は、
主に寺院に植えられていたようです。
八重咲きの夾竹桃
こういった事柄から
「夾竹桃(きょうちくとう)」を好まない人も多くいるようです。



今回の歌もそんな思いを詠んでいるようです。
暑いさなか、空に向って咲いている花。
赤い色の花も、きれいと思えない程の暑さを感じさせます。
今年の暑さも厳しいようです。
暑さに負けずに、夏を乗り切りましょう。



 



 



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   
   夕立に 夾竹桃の 紅ゆらぐ



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 盛夏 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:17 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/128
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS