野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< ムベ(郁子)なる、不老長寿の実 | main | 「ゆきのした(虎耳草)」は二枚舌 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「きり(桐)」は、最上の色とされる紫の花が咲く
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  桐の花の あまきかをりぞ ただよへる 


   五月の朝の  畑のよろしさ(佐々木信綱)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五月晴れの中、
大きな木に紫色の花が咲いています。
甘い香りを放って初夏を飾る「きり(桐)」です。

香り漂う桐の花

源氏物語の最初に出てくる“桐壺”
“桐壺”とは、
内裏の庭に桐が植えられていた庭をいい、
淑景舎(しげいしゃ)の別称でもありました。


「きり(桐)」は、日本には自生していません。
中国原産とされ、吉祥の木とされていました。
中国から朝鮮を経て渡来してきたようです。


この「きり(桐)」は、
木理と光沢が美しく
耐湿、耐寒性に優れ
木材は軽くやわらかで狂いが少ないことから
箪笥や長持などの家具材として重要なものとされてきました。


そして「きり(桐)」の花も
最上の色とされる紫であることから
花の美しさと共に
平安の人々にも愛されたのでしょう。


“大和本草”には
『この木切れば長く長ずる、故にきりと云』というように
切ってもすぐ芽が出て成長が早いことから
「きり(桐)」と呼ばれたのだという説があります。


今回の歌は
大きな木に咲く「きり(桐)」の花がさく畑。
花の香りが心地よさそうです。

空まで伸びる桐の花


関東の地では
女の子が生まれると庭に「きり(桐)」を植えました。
成長して嫁ぐ頃になると
大木に生長した木を使って
嫁入り道具の箪笥を作るという風習がありました。


現在は、20数年で大木が育つ庭もありません。
桐箪笥を持つ家庭も少なくなっているようです。


日本の気候には、
大事な着物などの保管には、桐箪笥は最適なのですが…



━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  五月雨に  桐のむらさき  花落ちる 
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| 初夏 | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:28 | - | - | pookmark |


コメント
コメントありがとうございます。
現在では、良く見かける「桐」です。

古からそこここに生えていたと考える時に
万葉集には出てきません。
「桐」に似た「梧桐」の歌はあります。

「桐」が出てくるのは、平安時代以降になります。
紫式部の「桐壺」は有名です。

元々、成長の早い「桐」は、
森の中にある桧や杉などと違って
その材の加工のしやすさのために
栽培される木として、
中国から朝鮮を経て、日本に渡来したものとされていますのでブログに書きました。

しかし、諸説あるようですから
又、調べてご報告します。
| konohanaki | 2010/08/23 12:06 AM |
「日本原産ではない」事を「自生しない」と記述されておりますが、この表現は適切ではありません。
桐は日本各地に自生しております。山野のみではなく、雑草の様に街の道端などにも生えています。

http://www.google.co.jp/gwt/x?gl=jp&q=%E6%A1%90&hl=ja&ei=WARsTIDxBI_K6AOO29sP&ved=0CAkQFjAC&source=m&rd=1&u=http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25AA
| 通りがかりの者です | 2010/08/19 1:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/118
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS