野花や草木の散歩道で一句

道端の野花、そして草や木。
どこにでも咲いている道端の可憐なお花。
古の歌から生い立ちを辿り、草木たちの古を思い浮かべながら
草花や木々を眺めてみませんか。
<< 「松」を飾り晴れの新年を迎える | main | 「ロウバイ(蝋梅)」は、早春一番開花 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
南天(なんてん)は縁起の良い植物
JUGEMテーマ:野花と草木を詠う

 ━━━ 今日の歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  南天の 実のくれなゐに 色させば


  日ごとに霜は  深くなりたり (尾山篤二郎)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寒さが本格的になってくると
木々についていた赤い実が、視界から無くなっていきます。


別に落ちているわけではなく
餌のなくなった鳥たちの餌になっているのでしょう。


ここ関東あたりでは、
最後までのこっているのが
ピラカンサの赤い実。
次が南天の赤い実です。


南天の実が無くなり、
ピラカンサの実までなくなると
春の近さを感じます。


今日は、まだ実が残っている“南天(なんてん)”

実が重そうに風に揺れる南天


“南天(なんてん)”は、どちらかというと
日かげに植えられています。
ですからあまり目立たない植物ですが、
赤い実をつけると存在感が出てきます。


「難を転じて福を招く」と言われて
古来から縁起の良い植物として祝い事に使われてきました。
そして、火事よけにと植えられてきました。


あまり大きくならない木ですが時には、高くなる木もあるようです。


この“南天(なんてん)”原産地は、日本と中国。
藤原定家の日記「明月記」に
中宮権大夫が植えたと書かれています。


足利義満も金閣寺の茶室に
“南天(なんてん)”の床柱を使ったとされています。


戦に出陣する武士は、“南天(なんてん)”の一枝を鎧の内に挿し
武運長久を祈ったとされています。


子どもの元服の式にも挿されて使われていました。
安産のお守りのもなっていたようです。


江戸時代になると
火災よけということから
屋敷内には必ず植えられるようになります。


江戸時代ではごくありふれた植物でした。
そのころ書かれた「花壇地錦抄」には
「朝夕の身近きものなれば、くはしくいふも くどし」と書かれています。


“南天(なんてん)”の葉は殺菌力があり
江戸時代では、食物の下に敷く掻敷に使っていました。
暑い頃には、重箱の中に掻敷として使い、
上からも葉をかけておくと、食べ物がいたまないと使われていました。


祝い事のお赤飯の上に添えているのが風習として
今でも残っていますが
祝い事の吉祥の意味も込められているでしょう。


“南天(なんてん)”の栽培が
江戸時代に入ってから盛んになります。
品種も増えてきます。
それは明治になっても続きます。
“南天(なんてん)”の品種は多い時には120種を数えました。


現在の品種は三分の一位になっています。


“南天(なんてん)”は、招福の木としてお正月にも飾られます。
一たび雪が積もるともっと存在感を増す赤い実です。


今日の歌は
南天の実が色づいてくると
寒さも増してきて、
朝の霜の情景も白さが増してくると詠われています。
厳しい寒さに向って南天の赤い実の彩りが
一層際立っている様子が伺えます。


ひとたび、雪が降って白い世界になったら、
南天の実の赤はもっと華やかさを演出しそうです。


 


━━━ 今日の詠み歌 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   
  からっ風に  たわみて立ちつ  実南天
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



応援おねがいします!
応援ありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村★応援ありがとう!




| | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:01 | - | - | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://konohanaki.jugem.jp/trackback/102
トラックバック
最新のメルマガをお届けします
メルマガ登録・解除
野花や草木の散歩道
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
何を贈るか迷った時に
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS